劇団EXILE・佐藤寛太くんに突撃インタビュー!★第1弾★
主演が語る『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』の魅力とは?

itakisu_int_01_01

(C)Flap!

現在公開中の『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』で入江直樹役を演じる、主演の佐藤寛太くん(劇団EXILE)に突撃インタビュー☆ 主演が語る作品の見どころから、共演者とのエピソードまで、本作の魅力をたっぷりとお届けします♪

インタビュー

― 本作は、大人気少女漫画が原作となっていますが、この作品は元からご存知でしたか?
佐藤寛太(以下、佐藤)結構、少女漫画は読むんですが、知らなかったです。最近実写化された他作品の原作は、中高生のときに読んだことがあるお話も多いのですが、この作品は役が決まってから読みました。
― 原作を読まれたご感想は?
佐藤:僕が演じている入江直樹(以下、直樹)の絵の描き方が「きれいだな」と思って。美しい人として描かれていました。まさか自分が少女漫画の主人公を演じるなんて夢にも思いませんでしたし、ものすごくプレッシャーを感じました。主演というよりも、直樹を演じることにプレッシャーを感じてしまって。何を考えているかわからない、掴みどころがない役で、直樹は僕と正反対のタイプでした。あと、登場人物の中に本当に嫌なやつが一人もいない! そんな作品って、あまりないですよね。どの年代の人が読んでもハッピーになれる物語も、長年に渡って人気を集めている理由だと思います。
itakisu_int_01_02

(C)Flap!

― 実際に直樹を演じられて、いかがでしたか?
佐藤:無口な役で台詞は少ないのに、登場時間は長いので、台詞というよりも動きで魅せる役だな、と。監督から「顔を写したくない」と言われたシーンもあったんです。しかも、直樹の動きは、いつもの僕の動きとは全然違う。歩き方はもちろん、立ち姿まで。でも、意識しすぎても、逆にぎこちなくなってしまうので…。そこが難しかったです。特に、料理のシーン。撮影当時の僕は19歳だったので事務所の寮にいて、寮母さんがいつもご飯を作ってくれていたんです。僕自身は、全く料理をしたことがなくて。なので、撮影前、寮母さんに料理を教えてもらいました(笑)。
― そんな難しさの中、佐藤くんのお気に入りのシーンは?
佐藤体育祭のシーンです。監督から「全力で走ってもらうけど、顔は真顔でね!」と言われたんです。心の中では、「なんだそれ? すごい無茶振りだな!」とつっこんでしまったんですけど(笑)。だから、あのシーンは、表情を崩さないように、息を止めながら走ってたんです。その後の、おんぶのシーンにも注目してもらいたいです。博多高校で撮影をしたのですが、実際のそこの学生さんにもエキストラで参加してもらったんです。すごくワイワイしていて、楽しかったです!
itakisu_int_01_03

体育祭のシーン / (C)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会 (C)多田かおる/ミナトプロ・エムズ

― 大勢の学生さんの前で、おんぶのシーンを演じられていたのですね。
佐藤:そうなんです。みんなに見つめられていました(笑)。表情はクールですが、内心は「わ~!」でしたよ(笑)。上がって頬が緩まないように、気をつけてました。
― 学園生活が舞台ということで、同世代の共演者が多かったと思うのですが
佐藤:僕からすると、普段から雑誌やテレビで拝見している出演者の方が多く、刺激になりました。特に、大倉士門くん(池沢金之助役)は、テレビなどで見ていたままの明るい方で、カメラが回っていないシーンでも、出演者をリードしてくれました。学生役5人のうち、僕一人だけ同じシーンがあまりなく、ポツンとした役でしたけど、たまに4人と同じ現場に入っても、僕のことを士門くんがフォローしてくださって…。士門くんとは、一緒にお風呂にも入って、撮影の話や世間話もしました。主演だから僕が引っ張るという空気感ではなく、みんなで楽しく、現場の雰囲気を作っていた感じです。
itakisu_int_01_04

(C)Flap!

― 相原琴子(以下、琴子)役の美沙玲奈さんの印象は、いかがでしたか?
佐藤:偶然ですが、彼女は、僕と同じ福岡県出身で、しかも地区も近くて、中学校の頃によく通っていたショッピングモールまで一緒だったんです。それがわかってからは、お互い博多弁で話すようになりました。なので、最初から距離は感じなかったかな。この作品の撮影地も福岡でしたし、彼女は演技中でも方言が出てしまうんです(笑)。僕は、訛りでNGは出しませんが、彼女は監督からよく、「訛ってるよ!」って突っ込まれてます(笑)。本人は気づいていないんですけど。直樹と琴子の名場面は、大事に撮りたかったので、2人で入念にリハーサルを行いました。
itakisu_int_01_05

直樹が琴子にテスト勉強を教えているシーン / (C)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会 (C)多田かおる/ミナトプロ・エムズ

― 最後に、Flap!読者にメッセージを下さい♪
佐藤:この作品は、直樹というよりも、パワフルな琴子が動かしている物語が、観ている人をとてもハッピーな気持ちにさせてくれると思います。原作のファンや同世代の方はもちろんですが、老若男女、様々な世代の方に観てもらいたいです!

(取材・赤塚楓)

佐藤寛太くんからFlap!読者へ直筆メッセージ

itakisu_int_bottom

(c)Flap!

佐藤寛太くんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

itakisu_int_01_07

(c)Flap!

佐藤寛太くんの直筆サイン入りチェキを、Flap!公式Twitter(@flap_news)のフォロワーの中から抽選で3名様にプレゼント☆ Flap!公式Twitterから発信されている『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』関連のツイートをリツイートした後、「#Flap_イタキス」をつけたツイート投稿で応募は完了♪ 当選者の発表は、Twitterのダイレクトメッセージをもって代えさせて頂きます。どのチェキが届くかは、編集部に任せてね。当選通知後、指定期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとさせていただきます。また、プレゼントの発送は日本国内に限ります。応募締め切りは、12/18(日)まで!
itakisu_twitter_banner

プロフィール

1996年6月16日生まれ。福岡県出身。2015年に劇団EXILEのメンバーに加入。俳優として、『ROAD TO HiGH&LOW』など映画、ドラマ、舞台とジャンルを問わず、様々な作品に出演し、活躍の場を広げている。本作『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』は、自身の映画初主演作品に当たる。

予告ムービー

作品情報

itakisu_int_07

(C)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会
(C)多田かおる/ミナトプロ・エムズ

『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』
11月25日(金)TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー

  • 監督・脚本:溝口 稔
  • 原作:多田かおる
  • 出演:佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、山口乃々華(E-girls)、大倉士門 、灯敦生、石塚英彦、石田ひかり、陣内孝則
  • 主題歌:Happiness「Always」(rhythm zone)
  • 配給:ギャガ・プラス
  • 公式サイト:http://itakiss-movie.com/
  • itakisu_int_01_08
  • itakisu_int_01_09
itakisu_int_01_10

(c)Flap!

Twitterでツイート Facebookでシェア LINEで送る

サイト内検索SEARCH