映画『逆光の頃』主演・高杉真宙インタビュー

(C)Flap!

(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

現在公開中の『逆光の頃』で主演を演じる、高杉真宙くんに突撃インタビュー☆ 主演が語る作品の見どころから、共演者とのエピソードまで、本作の魅力をたっぷりとお届けします♪

インタビュー

― まずは、今回の役どころを教えてください。
高杉真宙(以下、高杉):赤田孝豊という役を演じています。京都で生まれ育った普通の学生ですが、どこか他の人のことが輝いて見えると感じていたり、これからの将来をどうしようという、学生ならではの悩みを抱えながら、京都で青春時代を過ごしています。
― 実際に演じられて、いかがでしたか?
高杉:僕は学生ではないですが、他の人が輝いて見えたりすることがありますし、孝豊は自分自身と似ている役どころでした。その点ではとても感情移入しやすかったのですが、『逆光の頃』には何でもないシーンが他の作品よりも多く、日常を描くような台詞回しや表情作りは難しかったです。

(C)Flap!

― 本作品は「青春」がテーマとなっていますが、高杉くん自身はどんな青春時代を送られていましたか?
高杉:僕は孝豊のようにすてきな青春は送っていなかったですけど(笑)ただ友達と話しているだけ、平凡の中でもさらに平凡なことが、今思うと青春だったんだと感じています。
― 高杉くんから見た、孝豊が過ごしている良い青春とは?
高杉:京都で生まれて育って、京都弁を話している学生というだけでもうらやましく思えました。幼なじみと恋をして、友達と喧嘩をして…。川に入るシーンがありますが、これもまさに青春という感じですてきだし、こんな青春を過ごせてうらやましいなと孝豊に感じることは多くあります。

(C)Flap!

― 京都が舞台ということで、京都弁の方は…?
高杉:出演者みんなで必死に練習しました。僕は、先生に付きっきりで教えていただいて。先生の言葉を録音して、ずっとそれを聞いていましたね。イントネーションもですし、元が結構早口で、ゆっくり話すのが苦手で。京都弁はゆっくりなので、台詞につまづきながらも頑張りました。

(C)Flap!

― 撮影中、京都での過ごし方を教えてください。
高杉:色々な所へ観光に行きましたが、散歩してるだけでも、どこも街並みが綺麗で…。特に、路地裏が好きでした。東京や実家の福岡とは全然違う雰囲気の路地裏で、不思議な空間だったんです。共演者みんなで、ほとんど毎日ご飯を食べてましたので、湯葉もよく食べましたし、ハモなどの魚料理だったり…自分の体に合う優しい味がして、美味しかったです。
― 共演者のお話が出ましたが、初恋相手役の葵わかなちゃんの印象は?
高杉:第一印象は、京都が似合うなと、関西弁を喋りそうなコだと思いました。聞くと全然京都のコじゃなかったんですけど(笑)。僕は人見知りですが、葵さんがすごく喋ってくれたので、休憩時間も過ごしやすかったです。演技中も存在感があって、違和感なく役がそこにいてくれる感じで、一緒に演じやすかった。

(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

― 今回は実写化作品ということでしたが
高杉:「こういうのもありだね」と評価されるのが嬉しいです。キャラクターに似てると言っていただけることがもちろん嬉しいけど、難しいと思うので。様々な作品に出させてもらっている中で、「この作品にも出てたんだ」「あの役やってた人なんだ」と言われる俳優になりたいですね。もともとアニメや漫画が大好きなので、実写化作品もそうですし、今後は声優の仕事にも挑戦してみたいです。

(C)Flap!

― 最後に、Flap!読者にメッセージをください!
高杉:観た人誰もが青春を思い出せる映画となっています。青春していなかったな、と思っていた僕自身でさえも、この作品に携わったことで今思えばあれは青春だったんだと思わされたこと、またそんな青春を美化して思い出させてくれる作品です。この作品を観て、青春を思い出し、また京都に訪れた際は、孝豊の姿を探してもらえたらと思います。

(取材・赤塚楓)

(写真:Doremi)

プレゼント

(c)Flap!

高杉真宙くんの直筆サイン入りチェキを、Flap!公式Twitter(@flap_news)のフォロワーの中から抽選で3名様にプレゼント☆ Flap!公式Twitterから発信されている『逆光の頃』関連のツイートをリツイートした後、「#Flap_逆光の頃」をつけたツイート投稿で応募は完了♪ 当選者の発表は、Twitterのダイレクトメッセージをもって代えさせて頂きます。どのチェキが届くかは、編集部に任せてね。当選通知後、指定期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとさせていただきます。また、プレゼントの発送は日本国内に限ります。応募締め切りは、8/13(日)まで!

プロフィール

1996年7月4日生まれ。福岡県出身。「PとJK」(2017/3/25公開)、「ReLIFE リライフ」(2017/4/15公開)、「想影」主演 (2017/5/14公開、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016上映)、「トリガール!」高橋圭役出演(2017/9/1公開予定)、「散歩する侵略者」天野役出演(2017/9/9公開予定)など数多くの映画、ドラマ、舞台作品に出演し、活躍の場を広げている。

予告ムービー

作品情報

(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

『逆光の頃』

  • ■配給:SPOTTED PRODUCTIONS
  • ■公開:7月8日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次公開
  • ■出演: 高杉真宙・葵わかな・清水尋也・金子大地・田中壮太郎
  • ■監督・脚本:小林啓一「ももいろそらを」「ぼんとリンちゃん」
  • ■原作:タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニングKC」所載)
  • ■公式サイト:gyakko.com

(C)Flap!

Twitterでツイート Facebookでシェア LINEで送る

サイト内検索SEARCH