『ガキ☆ロック~浅草六区人情物語~』出演・山田裕貴インタビュー!

4月14日amazonプライム・ビデオにて配信を開始した『ガキ☆ロック~浅草六区人情物語~』。Flap!では、金山龍太役を演じる山田裕貴くんに独占インタビュー! 人気若手俳優が語る、ガキ☆ロックの魅力に迫る!

インタビュー

― 本作は、大ヒット漫画が原作ということですが、実際に読まれたことはありますか?

(C)CLUSTAR.inc.

山田裕貴(以下、山田):読んでました。ですが、僕が演じている金山龍太という役は、原作には登場していない人物なんです。なので、プレッシャーもなく、自由に演じさせてもらえたところが逆に良かったかな。
― ドラマで新たに追加された金山龍太というキャラクター、どんな役どころでしょうか?
山田:過去の出来事がきっかけで、主人公・源に恨みを持ち、浅草をつぶそうとする役です。原作にいないからこそ、異物感を出して演じたいな、と思いましたね。すごく男らしく、真っ直ぐな、清々しい作品なので、ここに金山龍太から真逆なものをぶっこもうと思っていました。
― 実際に演じられて、いかがでしたか?
山田:僕、最近哲学的なことが好きなんです。偉人の言葉とかをネットで調べていて…そこで「人って孤独だな」と、しみじみ感じています。俳優は、人の気持ちを知らないといけない、100%演じる役になりきらないといけないのに、その人物には確実にはなれないだとか…。だからこそ、人の話には人一倍耳を傾けよう、など意識してるんです。そんなことを考えていた中、龍太は僕と同じような孤独感を持っていることに気づきました。場面は違えど、自分がこの状況を変えなければならないんだ、と思っているのは僕も龍太も同じなんです。しかし、僕はその寂しさから日々、周りの人に感謝しようという気持ちになるのですが、龍太はそうはならない。世の中、金と力だ!な龍太の考えは正直理解しづらかったですが、善と悪は表裏一体なんだということを感じさせられました。
― そんな役どころを演じられている中、特に注目してもらいたいところは?
山田:表向きでは恨みを持っている源に親しくする振りをして近づくのですが、裏では手下を操って源を倒すことを目論んでいて…。その二面性を持つ表情の変化に注目してもらいたいです。
― 撮影現場の雰囲気や、撮影の裏話を教えてください。

(C)CLUSTAR.inc.

山田:悪役なので、こんなに共演者の方と仲良くして良いのか?って思ってしまうくらい、キャストの方と楽しく過ごしていました。こういうキャストの方が集まったからこそ、義理と人情の世界を演出できたんだな、と思っています。浅草のホッピー通りでピリ辛もつ煮を食べたり、バレンタインの時期が撮影だったので、女性キャストから男性陣へのドッキリもありました(笑)。そのドッキリのときに、僕も板野友美さんからクッキーをもらったのですが「龍太のだけ多めに入れてあるよ」って言われて…。これもドッキリかな?と思い、ドキドキしつつ(笑)。そんな現場の雰囲気がすごく楽しかったです!
― 4月から配信開始ということで、このスタートアップの時期から山田くんが挑戦したいことは?
山田:4月から出演ドラマの放送が3つ始まり、その他にも今年公開が決まっている作品があるので、ファンのみなさんにそれらを注目してもらいたいです。あと、英語を話す役を演じることもあるので、英語を頑張りたい。一番近い存在でいうと福士蒼太みたいに、英語がペラペラな俳優がかっこよいと思っていて…。撮影の合間を見て、本格的に英語の勉強を始めたいですね。
― 最後に、Flap!読者にメッセージをください!

(C)CLUSTAR.inc.

山田:『ガキ☆ロック~浅草六区人情物語~』は、仲間とは何か、人とは何かということを描いています。それが複雑ではなく、わかりやすく、また悪役ながらも僕の役もまっすぐに描かれているので、とても見やすい作品になっていると思います。作品中に「人を救うのは人だ」という台詞がありますが、まさにその通りで、人と向き合うことの大事さをこの作品でお伝えできればと思っています。是非観てください!

(取材・赤塚楓)

山田裕貴くんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

(c)Flap!

山田裕貴くんの直筆サイン入りチェキを、Flap!公式Twitter(@flap_news)のフォロワーの中から抽選で2名様にプレゼント☆ Flap!公式Twitterから発信されている『ガキ☆ロック~浅草六区人情物語~』関連のツイートをリツイートした後、「#Flap_ガキロック」をつけたツイート投稿で応募は完了♪ 当選者の発表は、Twitterのダイレクトメッセージをもって代えさせて頂きます。どのチェキが届くかは、編集部に任せてね。当選通知後、指定期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとさせていただきます。また、プレゼントの発送は日本国内に限ります。応募締め切りは、5/7(日)まで!
itakisu_twitter_banner

プロフィール

(C)CLUSTAR.inc.

1990年9月18日生まれ。愛知県出身。2011年に特撮ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルーとして俳優デビュー。その後、映画『ホットロード』(2014年)、『ストロボ・エッジ』(2015年)、『ふきげんな過去』(2016年)、『HiGH&LOW THE MOVIE』(2016年)、『青空エール』(2016年)、『闇金ウシジマくんPart3』(2016年)等、多数の作品に出演。また、主演舞台『宮本武蔵(完全版)』が第24回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞するなど、幅広く活躍中。映画『破裏拳ポリマー』(5月13日公開)、『トモダチゲーム』(6月3日公開)、『亜人』(9月30日公開)、『二度めの夏、二度と会えない君』(秋公開)、『あゝ、荒野』(秋公開)などが控えている。4月19日より、TBSテッペン!水ドラ!『3人のパパ』放送中!

作品情報

タイトル:ガキ☆ロック〜浅草六区人情物語〜
配信日:4月14日(金)amazonプライム・ビデオにて配信開始!
公式Twitterアカウント:@rock_gaki
■Amazonプライムについて
Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限にご利用いただけるほか、ベストセラーやコミックを含む、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の対象タイトルの中からお好きな本を、毎月1冊無料でお読みいただけるKindle オーナーライブラリーもご利用いただける会員制プログラムです。また小さなお子様がいるパパ、ママ、ご家族や、出産を控えた方々を対象とした「Amazonファミリー」や、学生向けの「Amazon Student」といったお客様のライフステージに応じたプログラム、その他、必要な商品を必要な分だけお値打ち価格でお買い求めいただける「Amazonパントリー」、いつでも見放題で映像配信をお楽しみいただける「プライム・ビデオ」などのサービスを提供しています。プライムに関する詳細と30日間の無料体験は www.amazon.co.jp/prime をご覧ください。
■Amazonについて
Amazonは、1995年7月にWorld Wide Web上でスタートしました。Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメントby Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。
Twitterでツイート Facebookでシェア LINEで送る

サイト内検索SEARCH